税務調査への対策

MENU

税務調査への対策

事業を行っていれば、毎年必ず税務申告を行う必要があるものです。そのためきちんと税務申告を行っているつもりでも、ある日税務署からの税務調査に入りたい旨の、連絡を受けるケースがあります。そうなると事業主は、税務申告を誤魔化した覚えはなくても、嫌な気持ちがして焦ってしまうものです。
そもそも税務調査というのは、事業を行っていればかなりの確率で入る事になります。というのも税務申告というのは、基本的にややこしくてしかも、解釈の違いで申告したり、しなかったりといったケースも珍しくないです。お陰で税務申告を誤魔化そうという悪意がなくても、申告漏れが生じるケースも十分にあります。そのため税務調査を受けて、申告漏れや誤りを指摘されたからといって、脱税を意図していなければ大事になる事はありません。
しかも特に税務申告の内容に問題がなくても、過去に修正申告を行った経験があったり、前回との申告内容の差が激しい時等に、調査に入る可能性が高まってしまいます。更に頻度は会社によって違いますが、長く事業を行っていれば、何度か税務調査を受ける事になるケースが多いので、調査に入ったからといって深刻に受け止め過ぎる必要はありません。
そんな税務調査対策として、知っておきたいのは、いつ入っても対応出来る様に準備をしておく事です。特に税務調査がスムーズに進む様に、調査に必要な帳簿等を把握しておき、直ぐに出せる様にしておく事をおすすめします。そういった形で帳簿に関する意識の高さや調査に対する協力的な態度を示せば、調査員に良い印象を与える事が可能です。その結果、税務調査が入る頻度を減らす事も期待出来ます。